【アドラー】人生をシンプルにする3つのこと

コラム
Wokandapix / Pixabay
LINEで送る

アルフレッド・アドラーご存知ですよね?

 

アドラー心理学で有名ですが

そのアドラーの著書から

人間ができる3つのことというフレーズに

とても興味深く感じました

 

今日は人間ができる3つのことについて

書いていきます

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

間ができる3つのこと

 

できること

するべきこと

したいこと

 

 

人間は「できること」「するべきこと」

「したいこと」の3つしかできない

 

しかし、できることだけしかしない

できることだけしていればいいと言われたら?

 

 

理想や目標がある人の多くは

「するべきこと」あるいは「したいこと」を

選択していると思います

 

 「きること」

 

シンプルに生きることとは

できることだけをして生きること

 

無理をしなければ心も乱れません

他者と競争をすることもありません

 

 

競争こそ成長の証とすり込まれてきた

多くの方は、できることだけと言われたら

「え!?」と思いますよね

 

 

不快になる方もいるかもしれません

 

 

るべきこと」「たいこと」

 

「するべきこと」や「したいこと」を主体に

行動をしていると他者を意識して

本来の自分の「したいこと」から

かけ離れてしまうことがありませんか?

 

 

本来、「したいこと」は自分のためであり

家族や愛する人のためであったり

目標としていた基準があったはずです

 

 

その基準は自分の未来のため

いつのまにか、他者を批判したり

相手を蹴落とすというような

 

目標のためなら何をしても良いという

基準がすり替わってしまうことがあります

 

 

そこまでではないにしても

他人のテリトリーを犯していたり

他人に迷惑が及ぶこともあります

 

 

いつの間にか、基準が変わっている人は

人間関係もつまずいてしまいますよね

 

 

「するべきこと」「したいこと」は

自分の目的であり、他者との競争ではなく

本来の目的目標の達成のためにある

 

 

日のまとめ

 

「するべきこと」「したいこと」は

目標にしても必ずできるわけではない

 

自分の理想と現実の差が大きすぎる

あるいは目標を達成するには

「するべきこと」と「したいこと」の差が

大きすぎるのかもしれません

 

 

できることだけをしている人生も

悪くないのかもしれませんよね

 

実際にできることだけをして

一生を過ごす方もいるのですから。

 

 

できなくても、感情的に自分を責めず

「するべきこと」と「したいこと」を見直し

目標を修正していきましょう

 

 

ありのままの自分を受け入れ

理想に向かう自分を愛する

他者と競い合うのではなく

協力し合い協調し合う

 

 

人間関係の基本ですね

 

アドラーの書籍はたくさんあります

心が競争に疲れている方

無意識に他者から嫌われてしまう方

 

オススメですよ~

 

 

ということで。

 

 

さぁ~今日もテンションあげて

 

 

意味はあってもなくても

テンションMAXでいきましょ~

 

 

それでは、また

 

 

コメント欄はちょっと苦手な方

お問合せご質問はこちらへどうぞ!

https://ws.formzu.net/dist/S4452558/

必ず拝見させていただいております。

 

 

今日の応援よろしくお願いします

下記バナーをクリックするだけです

 

 

このページに
いいね ! してね!

Twitter で
LINEで送る

コメント