SNS ブログ

facebookを有効に使う考え方

投稿日:

LINEで送る

 

もが知ってるfacebookですが
その利用の仕方は人それぞれ違います

 

やっていいことと悪いこと
正しい使い方と間違った使い方

 

その考え方もそれぞれです

 

そんな中で、基本となる考え方を
今回はシェアします

 

Facebookを有効に使う考え方

 

 

facebookといえば?

 

まず、facebookといえば
月間のアクティブユーザーが2,600万人以上

 

実名で利用している人は80%以上
利用者は男性が少し多くなり

 

 

スマホで利用している人が
90%以上というデータもあります

 

 

facebookを使う目的は?

 

facebookをどんな目的で使っているのか?

あなたはいかがですか?

 

人の投稿を見る場合

 

①暇だったのでfacebookを開いたら
たまたまフィードに流れていた

②フォローしている特定の人物の投稿

③特定の人物の検索

 

この3つのどれかに当てはまりませんか?

 

分の投稿を見る場合

 

①投稿のコメントを見る

②投稿のいいねの数を見る

 

コメントがあった場合は
コメントを返すアクションをしたり

 

コメントをしてくれた人の
新しい投稿にいいねを返したり

 

いいねをしてくれた人には
いいねを返しに行ったりします

 

にを考えてみているのか?

 

①知人がなにをしているのかチェック

②面白い情報や新しい情報はないのか?

③なにも考えていない(暇つぶし)

 

んな時に反応するのか?

 

反応をするということは
いいねやシェアや

 

投稿に対するクリックです

 

ブログからの投稿などの場合は
クリックをしないと読むことができません

 

広告も同じですね

 

 

んな時にアクションを起こすのか?

 

①画像が綺麗

②タイトルが気になる

③リアル感のある写真

④共感できる投稿

 

facebookでいいねを多く獲得するには?

 

①画像が綺麗

②タイトルが気になる

③リアル感のある写真

④共感できる投稿

 

この4つをまずは意識する

 

とは言っても
毎回写真を綺麗に撮るのは大変というなら

 

③のリアル感のある写真を使いましょう

 

リアル感がある写真とは
あなたが実際に撮ったと思える写真です

 

スマホで撮影した写真を使用してみましょう

 

さらに、「リアル感がある写真」とは

 

朝撮ったのによる使うのではなく
朝撮った写真は朝使うことで
リアル感が増すということです

 

とめ

 

facebookを有効に使うために
ユーザーの心理や目的を分析しておくと
日々の投稿も変わるのではないでしょうか?

 

他人のアクションを簡単に知るには
まず、自分自身の分析をしてみましょう

 

それと、ついついお返しをしたくなる
返報性の法則を知っていますか?

 

いいねが欲しければ
いいねをしてあげましょう!

 

 

と、いうことで。

 

 

さぁ~今日もテンションあげて

 

 

意味はあってもなくても
テンションMAXでいきましょ~

 

 

それでは、また

 

 

コメント欄はちょっと苦手な方
お問合せご質問はこちらへどうぞ!
必ず拝見させていただいております。

今日の応援よろしくお願いします
下記バナーをクリックするだけです

LINEで送る

-SNS, ブログ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

制限の枠の広げ方

今日のお話は 制限の枠の広げ方 と言うことについて 書いていきたいと思います       幸か不幸か僕の場合は 幼少期に親の仕事の影響で 大人の世界に入り仕事を通じ 限界が高められました       …

コミニュティを作ることの意味

  多くの人は、成功を夢見て 事業を興したり   知識を身につけたり 技術を磨いたり   仲間と協力し合ったり 夢の為に必要な事を行います   面倒な事を極力避 …

今週の振り返り、読み忘れてませんか?

      目次今週の振り返り読み忘れてませんか?ネットビジネスこれやっちゃ駄目でしょ時間管理のことサイトを充実させる為に行う10のことFacebook活用術やる気が出ないそんな時!DRMとSNSは相 …

【おすすめ】有料ツール

  僕は色々なツールを使っています   体が一つなので、ツールを使えば 作業が2倍3倍になるのなら   いつもやってる作業を ツールがやってくれるなら・・・     そんなわけで、僕が使っているツール …

Facebookのさらなる未来

  Facebookがbotの開発を行い オープンソースを公開したという 新たなニュースが6月15日発表されました   今回のbotが凄いのは 質問に対して自動で応答し さらに交渉までしてくれるといい …

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキング広告マーケティングジャンル参加中!

LINE@

LINE@QR

人気記事

カテゴリー