SEOを考えた文章術

SEO
jackmac34 / Pixabay
LINEで送る

 

ログやサイトを

興味のある方に多く見てもらいたい

 

アクセスを増やしたいというのは

ブログやサイトを運営していれば当然

 

 

実際にブログやサイトの

アクセスアップにつながる文章術を

ご紹介します

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEOを考えた文章の書き方

 

SEOを考えた文章ということは

検索エンジンに評価される文章

ということになります。

 

検索エンジンとは

yahooGoogleBingなどです

 

 

価される書き方とは?

 

検索エンジンに評価をされるためには

評価されるポイントをおさえましょう

 

ユーザーが求める内容を書く

ユーザーが求める内容を書く

 

ということは

ある程度、ユーザーの求めること

 

求める内容を知っていなければ

的外れな文章になってしまいます

 

ユーザーの求める内容を知る

リサーチが必要になります

 

その上で、ユーザーが求める内容

キーワードを見つけ

キーワードについて書くことで

ユーザーの求める内容に近づきます

 

 

ーザーが満足する内容を書く

 

ユーザーが満足する内容とは

求める内容が得られること

さらには、読みやすいこと

 

コンテンツのボリュームなども

満足に値します

 

要するに、ユーザーが求める内容を

読みやすく

それなりのボリュームにまとめる

 

際の書き方は?

 

読みやすさを意識した書き方を

考えて書きます

 

最近、増えてきているのが

目次をつけた書き方や

結論を先に伝えるPREP法や

 

要約・詳細・まとめといった

プレゼンテーションによく使われる

SDS法などを使った文章の書き方が

特に効果的とされます

 

 

PREP法とは?

 

PPoint(結論)

RReason(理由)

EExample(事例、具体例)

PPoint(結論を繰り返す)

 

それぞれの頭文字をとってPREP法という

 

 

プレゼンテーションなどで

よく用いられる手法ですが

 

文章の構成もPREP法を用いると

ユーザーが求めていることなのかどうか

冒頭で判断ができるようになります

 

 

ポイントは、まず結論から伝えること

 

こんな内容ですよ、

こんな結果が得られますよと

 

冒頭に伝えることで

ユーザーは納得して読んでくれます

 

 

さらに、理由や具体的な事例を出し

最終的にまとめとして冒頭の結論を繰り返す

 

そうすることで、ユーザーの満足度も得られ

評価が上がりやすくなるということです

 

 

SDS法とは?

 

SDS方もプレゼンテーションで

よく使われる手法です

 

Summary(要約)

Detail(詳細)

Summary(まとめ)

という構成になるように

 

まず、コンセプト全体をざっくりと

ポイントだけを伝え

 

次に詳細な説明をしていく

 

最後にまとめを書いていきます

 

 

とめ

 

いかがだったでしょうか?

最近よく見かけると思ったでしょうか?

 

それとも、そういうことだったのかと

納得されたでしょうか?

 

検索エンジンに評価される文章の

書き方をすることで

 

結果的にユーザーニーズを満たし

検索上位に表示されるようになります

 

 

ちょっとしたことですが

視点を変えて文章を書くことで

結果は大きく変わってきます

 

 

文章を書くことに慣れたら

SEOのことも考えて見ましょうね!

 

 

と、いうことで。

 

 

さぁ~今日もテンションあげて

 

 

意味はあってもなくても

テンションMAXでいきましょ~

 

 

 

それでは、また

 

 

 

コメント欄はちょっと苦手な方

お問合せご質問はこちらへどうぞ!

https://ws.formzu.net/dist/S4452558/

必ず拝見させていただいております。

 

 

 

今日の応援よろしくお願いします

 

下記バナーをクリックするだけです

 

このページに
いいね ! してね!

Twitter で
LINEで送る

コメント