SEO アフィリエイト コラム ノウハウ ビジネス ブログ ライティング

アクセスを集める文章術

投稿日:

LINEで送る

 

ット上に情報を公開したら

クローズの案件以外はほぼ全て

 

アクセスを集めなければならない

ですよね?

 

多くの人がアクセスの集め方に

頭を悩ませています

 

アクセスを集めるには

文章の書き方にもちょっとしたコツ

 

ルールのようなものがあると

覚えておきましょう

 

そのルールをご紹介します

 

間的なアクセスを集める

 

瞬間的に多くのアクセスを集める場合は

yahooの急上昇ワードや

Googleトレンドなどに上がっている

旬なキーワードを使う

 

旬なキーワードとは、名前や名称

地名やニュースになった話題など

 

急上昇ワードは、アクセスを

瞬間的に集める力はあっても

長期で集める力はない

 

ネタ探しに困らないが

数で勝負になる、記事の数で勝負!

 

 

期的なアクセスを集める

 

一つ一つの記事に対するアクセスは

それほど多くなくても

 

複数の記事に毎日少しずつ

アクセスがある状態

 

急上昇ワードなどトレンド系

瞬間的なアクセスはあっても

 

持続しないどころか

旬が過ぎるとアクセスが0になる

だから書き続けなければならない

 

 

それとは逆に毎日少しづつでも

常にアクセスがある状態を長く続ける

それには何が必要なのか?

 

 

SEO的な観点から文章を書く

 

難しい言葉を使って見たかっただけです。笑

 

簡単に言えば、

サイトを作る時に決めたキーワードを

文章に自然な状態で含ませること

 

これがSEO的な観点です

記事のタイトルだけではなく

 

文章内にもキーワードを入れる

文章の書き始めにキーワードを入れる

 

これ、結構大事ですよー!

 

とめ

 

アクセスには瞬間的なアクセスと

長期的なアクセスがあります

 

瞬間的なアクセスを

毎日集められれば良いですが

毎日集めることは難しいです

 

少しづつ、地味ではあるけれど

ニーズのあるキーワードを使った文章で

アクセスを集め続けることができれば

サイトにはずーっとアクセスが集まります

 

一朝一夕にはいきませんが

やれば効果絶大のSEO文章術

 

ぜひ、取り入れて見ましょう!

 

ということで。

 

 

さぁ~今日もテンションあげて

 

意味はあってもなくても

テンションMAXでいきましょ~

 

 

それでは、また

 

 

アフィリエイトの悩み

アフィリエイトの質問募集!

https://ws.formzu.net/dist/S4452558/

必ず回答します!!

 

2位陥落 涙。

今日の応援よろしくお願いします

下記バナーをクリックするだけです

 

 
LINEで送る

-SEO, アフィリエイト, コラム, ノウハウ, ビジネス, ブログ, ライティング


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

アフィリリンクはSEOに影響するの?

アフィリエイトをしていると バナーやリンクをベタベタ貼り付けたサイト   見かけますよね~     でも、これってSEOの順位を下げるって 聞いたことないですか?     バナーをベタベタ貼る アフィ …

サイトアフィリの基本【コンテンツ】

今回はサイトアフィリエイトの 基本編をまとめていこうと思います サイトアフィリエイトって 無料ブログでも始められるので 初心者でも参入障壁が低くて 超上級者でも続けているという 王道のアフィリエイトだ …

上手な誘導文章の書き方

目次上手な誘導文章の書き方読者がスムーズに購入誘導に違和感がない途中で離脱しないペルソナが決まったら!誘導文が上手に書けない人は 上手な誘導文章の書き方   上手な誘導文ってどんな文章でしょう? あえ …

まだ生きてます。笑

お元気ですか~? 実に、1年ぶりに 更新しています。笑 パワースポットツアーも 相変わらず好きなんですが 先日、ご紹介でとある方に ホテルでお会いしました いきなり いや、本当にいきなり ずーっと会っ …

買いたいと言わせる技術

  インターネットの仕組みを使い あなたから買いたいと言わせる技術が 存在します。   新しい仕組みではありませんが 普通のビジネス感覚では 思いつかない方法です 買いたいと思っていない人に 買いたい …

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキング広告マーケティングジャンル参加中!

LINE@

LINE@QR

人気記事

カテゴリー